RSS

カテゴリー別アーカイブ: Windows Server 2008

Microsoft から SUSE Linux、Novell から Silverlight(Moonlight)

Microsoft and Novell Mark Two Years of Interoperability Progress
(日本語訳サイト:http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3587 )

相互運用性を推進していこうとしてたのは IE だけじゃなかったんだな~と思ったので、メモ。
ノベルとマイクロソフトの協業は2周年ということで、Linux/Windows の相互運用性の向上を図るこの取り組みですが、マイクロソフトが直接 SUSE Linux を売るのではなくて、マイクロソフトから SUSE Linux Enterprise Server のサポートつき利用証書を購入できるようになる、ということのようです。

また、今回発表された下記のことだけでなく、他にもいろいろやってるみたいですね。

  1. ノベルが来年、Microsoft System Center Operations Manager 2007 R2 用の管理パックとして、”Advanced Management Pack for SUSE Linux Enterprise” を提供すること
  2. Silverlight のオープンソース実装である Moonlight のベータ版を無償ダウンロード提供

その他

  • Hyper-V上でのSUSE Linux Enterprise Server のゲストOSとしての稼働を正式にサポート。
  • Active Directory とノベルのディレクトリサービスとのシングルサインオン

企業向けの展開には、サポート体制の充実が不可欠ですが、この協業体制が続くのであれば、Windows と Linux の混在環境の展開を考えた場合に、SUSE Linux Enterprise Server の採用は、今後高まりそうな気がします。(今は確か RedHut Linux が一番多かったような気がする。)
特に Hyper-V で SUSE Linux を正式に Microsoft がサポートするのは、企業にとっての仮想環境を複数持たなくて済むという単純な解となるため、強力な採用の理由付けになるのではないか?・・・と。

ちなみに、US の HP の Mini ノートには、SUSE Linux 搭載モデルがありますが、親和性があるんでしょうかねぇ?
ということで、今度 Windows Server 2008 R2 と UNIX Server との検証をする時には SUSE 入れてみようと思いました。

 

広告
 
コメントする

投稿者: : 2008-12-05 投稿先 Windows Server 2008

 

Microsoft Hyper-V 日本語版リリース

こんばんは。
Windows Server 2008 と一緒にリリースされていた Hyper-V がようやくベータ版から正式版となりました。
もうちょっとしたら、Microsoft Update とかからも提供されると思います。

Hyper-V ダウンロードリンク & Knowledge Base
http://support.microsoft.com/?kbid=950050

Press 向けアナウンス
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3480

Hyper-V の主要機能
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/virtualization/default.mspx

主な機能
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/hyperv-features.mspx

Hyper-V FAQ
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/virtualization/faq.mspx

Linux 統合コンポーネント (ベータ版)
こちらは、ベータ製品の統合サイトである Microsoft Connect (
https://connect.microsoft.com/directory/ ) にアクセスし、"Linux Integration Components for Microsoft Hyper-V" を探し出し、「今すぐ適用」 をクリックすることで、ベータプログラムに参加することができ、入手可能になります。

ホワイトペーパーなど

個人的にも早く使ってみたいですね。
うまく使えば、1台のマシンで外部 DNS サーバを含めて SBS 環境を構築できそうです。

 

 
コメントする

投稿者: : 2008-06-30 投稿先 Windows Server 2008

 

WebDAV Redirector レジストリ 設定について

こんばんは。
昨日に引き続き、Robert の Blog を見てたら有用な WebDAV 関連についての記事があったので、メモ代わりにここに書き留めておきます。

WebDAV Redirector Registry Settings という記事の訳です。
——————————————————-

Release of the WebDAV module for IIS 7 (<- この記事は古いので、こちら の新しいほうを見たほうがいいです。日本語訳はこちら。) の記事を書いた後、私は Windows Vista と Windows Server 2008 と一緒にリリースされる WebDAV リダイレクタ (redirector) を検証しています。このリダイレクタは WebClient サービスのアップデート版としてリリースされ、Windows Vista にはインストール済みですが、Windows Server 2008 では "Desktop Experience" 機能をインストールする必要があります。インストールすれば、WebDAV 共有にドライブを UNC Path を用いるような感じでマッピングできます。

NetDrv001

いくつかの検証によって、私はいくつか紹介したい WebClient サービスの振る舞いを発見した。例えば、もし WebDAV が有効でない Web サイトにへネットワークドライブを割り当てようとしたら、私は予想通りのエラーに遭遇するでしょう。しかし、WebDAV を有効にした後でも、数時間経過するまでは同じエラーに遭遇します。私は、ステータスがなんらかの形でキャッシュされているのだと仮定したので、このキャッシングをコントロールできないか?ということに興味を持ちました。そして、私は次のレジストリ キーの設定において、WebDAV リダイレクタの振る舞いをコントロールすることができるいくつかの設定項目を見つけました:

HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WebClient\Parameters

私は、ひとつまたはその他の設定に対してドキュメント化されたソース(元ネタ?)をいくつか見つけましたが、簡潔にリスト化されているものがなかったので、私が今のところ見つけることができた設定を含む次のリストを作成しました。

設定項目 & その説明 タイプ 規定値
AcceptOfficeAndTahoeServers

WebClient サービスが Sharepoint か Office Web Server を実行する Web サイトに接続できるかどうかを指定。
  
DWARD 0 = False
1 = True
1
BasicAuthLevel

WebClient サービスがサーバーとのやり取りに Basic 認証を使えるかどうかを指定。

Note: Basic 認証は "ユーザー名とパスワード" をクリア テキストで送信するため深刻なセキュリティ上の問題を引き起こします。なので、SSL 接続以外では、WebDAV で Basic 認証を使うことは規定で無効にされています。この設定の意味するところは、このレジストリ キーは規定の Basic 認証の振る舞いを上書きすることができるということですが、これは強くお勧めいたしません
 

DWARD 0 = Basic 認証は無効
1 = Basic 認証は SSL Web サイトのみに対して有効
2 = Basic 認証は SSL と 非 SSL Web サイトに対して有効
1
FileAttributesLimitInBytes

すべてのファイルが個々に持つ属性・管理情報 (all properties on a specific collection) に対して、WebClient サービスによって許される最大のサイズを指定します。
 

DWARD 属性値のサイズ (バイト) 1,000,000 decimal
(1MB)
FileSizeLimitInBytes

ファイルのやり取りで WebClient サービスが許す最大値を指定します。
 

DWARD ファイルサイズ (バイト) 50,000,000 decimal
(50MB)
InternetServerTimeoutInSec

ローカルの WebDAV サーバー以外に接続する際の、WebClient サービスが使う接続のタイムアウト値を指定します。
 

DWARD 時間 (秒) 30 decimal
LocalServerTimeoutInSec

ローカルの WebDAV サーバーに接続する際の、WebClient サービスが使う接続のタイムアウト値を指定します。
 

DWARD 時間 (秒) 15 decimal
SendReceiveTimeoutInSec

"GET /file.ext" または "PUT /file.ext" のようなリクエストが発行された後、WebClient サービスが使う WebDAV のタイムアウト値(秒) を指定します。
 

DWARD 時間 (秒) 60 decimal
ServerNotFoundCacheLifeTimeInSec

サーバーが WebClient サービスによって non-WebDAV としてキャッシュされる一定期間を指定します。

Note: WebClient サービスは接続したことのある non-WebDAV サーバーのリストを維持します。もし(接続した) サーバーがそのリストにある場合は、a fail (WebDAV接続に失敗したという値) は、サーバーに接続を試みることなくすぐに返されます。
 

DWARD 時間 (秒) 60 decimal
SupportLocking

WebClient サービスが Locking をサポートするかどうかを指定する。
 

DWARD 0 = False
1 = True
1

Note: 上記のいくつかの設定を変更した後、WebClient サービスの再起動が必要です。

私はこのリストが誰かの助けになればと思います。;-]

——————————————–

MSDN とかにすでに情報としてありそうな感じですが、WebDAV 利用時に使い勝手が悪かったり、不具合があった場合の回避策を探すためにもこういう情報があると楽ですよね。。。

WebDAV のこと書いてたら、IE8 で実装された HTML5 の Local キャッシュのこと思い出した!
その辺のことまとめてみよう。。。

 

 
コメントする

投稿者: : 2008-05-03 投稿先 Windows Server 2008

 

WebDAV Extension for Windows Server 2008 RTM is released! (日本語訳でメモ)

すっかり遅くなりましたが、12/11 に WebDAV 対応についてのベータが近日中に公開されると書いたのですが、年末の引越しや IE8 の作業でドタバタしていて、すっかり忘れてしまっていましたが、12/22 の Robert の Blog できちんと公開されていることに気がつきました。さらにこの Blog の下書きを放置して、2ヶ月。。。Vista SP1 / Windows Server 2008 のリリースの後、今年の 3/12 に RTM をリリースしたことが Update されていました。

Beta の時の記事も使えるところがあるので、RTM 版とマージして、自分へのメモとしても、日本語訳しておきます。
(間違いがあったら、コッソリ教えてください。)

http://blogs.msdn.com/robert_mcmurray/archive/2008/03/12/webdav-extension-for-windows-server-2008-rtm-is-released.aspx の訳です。
———————–
Microsoft は新しい Microsoft WebDAV Extension for IIS 7.0 for Windows Server 2008 の RTM バージョン (正式版ってこと) をリリースしました!

下記がそれぞれにインストールパッケージのダウンロードリンクです。
*ちなみに、Vista に付属する IIS7.0 にもインストール可能でした。(UI は英語のみですが、日本語版 Vista にもインストール可能)

WebDAVinst001

 

  • 32 ビット版 インストール パッケージ
  • 64 ビット版 インストール パッケージ
  •  

     

     

    我々はこのバージョンを次のいくつかのよい機能と共にリリースしています。

    • IIS 7.0 との統合
      • 新しい WebDAV 拡張モジュールは新しい IIS 7.0 マネージャ の管理インタフェースと設定ストアに完全に統合されます。
    • サイト毎の設定管理
      • WebDAV は IIS 7.0 上のサイト単位で有効にすることができまた管理することができるという点が、IIS 6.0 と異なる点です。( IIS 6.0 の WebDAV は Web Sevice Extension を通してサーバー単位で設定する。)
    • URL 毎のセキュリティ
      • WebDAV 特有のセキュリティは、基本的に URL 毎に設定できる ‘WebDAV Authoring Rules’ を通して実装されています。

    WebDAV 拡張における新しい機能についての追加の情報は、Microsoft の http://learn.iis.net/ にある "What’s New for Microsoft and WebDAV?" トピックにあります。

    また、この新しい WebDAV 拡張を利用し始めるにあたっては、http://learn.iis.net/ に公開されている以下の walkthroughs が有用です。

    こちらは、新しい WebDAV UI のスクリーンショットです:(日本語 Vista の IIS7.0 で撮ってみました。)

    IISMgr01 IISMgr02

    新しい WebDAV 拡張をインストールするには、次の前提条件を満たす必要があります:

    • Windows Server 2008 を使わなければならない (日本語 Vista の IIS 7.0 でも OK でしたが。。。)
    • Internet Information Services (IIS) 7.0 がインストールされている必要がある
    • もし新しい WebDAV 拡張を IIS 7.0 のユーザーインタフェースを使って管理するのならば、IIS Manager をインストールしておく必要がある
    • 新しい WebDAV 拡張は管理者権限でインストールする必要がある
    • IIS 7.0 は新しい共有設定された環境をサポートします。それらは新しい Web 拡張をそれぞれのサーバーにインストールする前に、それぞれの Web Farm に置けるサーバー毎に無効化しておく必要があります。Note: 共有設定は WebDAV 拡張がインストールされた後でも再度有効にすることができます。
      *私が個人的に試したところ、初期設定では基本的には WebDAV 機能は無効になっているので、利用したいサイト毎に IIS マネージャから有効化させる必要があります。(無効になっていると、MMCの右ペインに警告が表示されるので、そこにある "Enable WebDAV" をクリックするだけで有効になります。)

    WebDAV 拡張に対するフィードバックや情報のリクエストは次の Web フォーラムから投稿することができます:

    IIS7 Publishing Forum: http://forums.iis.net/1045.aspx

    私は次の方々へ感謝を述べたい: (うまい表現が見つかりませんが、述べないことには自分が怠慢であるとかなんとか?)

    • Keith – for building it
    • Eok, Sriram, Ciprian, Dave – for testing it
    • Gurpreet, Brian, Carlos, Reagan – for making it look pretty
    • Wade, Ulad, Nazim – for stretching it

    我々は、このプロジェクトにおいてすばらしい時間を過ごすことができました。我々の Technical Preview の間、フィードバックを下さったすべての皆様本当にありがとうございました!

    Thanks!

    ———————–

    と、まぁ、こんな感じでしょうか?

    GW 期間中、IEBlog も訳してみようかな?

     
    コメントする

    投稿者: : 2008-05-02 投稿先 Windows Server 2008

     

    WinHlp32.exe がリリースされてます

    こんばんは。
    先日金曜日に、調布の社内エンジニア向けに IE8 の社内セミナーを実施しました。

    Mix08 のセッションを元に、ひとつにまとめたのですが、プレゼンテーションのページ数は100ページを超えてしまった。
    1時間のセッションでこのページ数は不可能なので、かなり飛ばしに飛ばしまくってしまった。

    TechBeta のセミナーではもうちょっと要所を押さえようと思います。

    さて、最近は Internet Explorer 8 一色だったのですが、VistaSP1/Windows Server 2008 用の "WinHlp32.exe" がダウンロードできるようになっていました。

    技術情報:[A download is available for Windows Vista and Windows Server 2008 that resolves an issue in which you cannot open Help files that require the Windows Help (WinHlp32.exe) program] (日本語の KB はまだ翻訳されてないみたい。。。サポートチームに確認してみます。)
    http://support.microsoft.com/kb/917607/en-us

    モジュールのダウンロードは、下記。
    http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=82148

     
    コメントする

    投稿者: : 2008-04-05 投稿先 Windows Server 2008

     

    これからの WebDAV 対応について

    こんばんは。久しぶりに真面目?な話題を。。。
    以前、IE7 出荷後のまとめ記事を書いた時に、IE7 では WebDAV に限らず一部の条件外で Folder View が使えないということを書きました。

    ま、これはこれでそのままなのですが、来年明けに出荷予定の Windows Server 2008 (先日 RC 1 が一般にも公開されましたね。入手はここから。。。) には、IIS7 が搭載されていますが (簡易版は Vista にも搭載されています) IIS7 では WebDAV をサポートしません、というか、WebDAV 機能がありません。

    これによって、既存のサーバー製品で WebDAV 機能を必要とするものは、インストールできなかったり、一部機能が利用できなかったりします。
    (最近の製品では、SCCM2007 とか。。。)

    Microsoft の製品でも WebDAV を必要とする製品はありますが、それらの Windows Server 2008 への対応については、それぞれの製品からのアナウンスか、多分 BG (Business Group : マーケティング部隊) がまとめて公開するんじゃないかな?と思います。

    本題に戻って、、、

    では、Microsoft は WebDAV を今後サポートしないのか?

    あれ?WebDAV って Microsoft が普及させようとしてた技術じゃないの?それなのに、見放しちゃうわけ?と思われた方もいらっしゃると思いますが、(私も、IE7 で WebDAV View ができなくなったことで、サポートしなくなるのかな?と思っていました。Exchange とかで、もっと活用しようとか思ってた時期もあったようなのに。。。)

    いやいや、そんなわけない。

    そこでずっと気になっていた記事が IIS Blog で Keith Moore が書いていた "WebDAV"。

    いろいろいいことや思わせぶりなことが書いてありますが、この記事から 丸1年。どうなったんだ~?ということで (本当は、別の目的があったのですが。。。) Keith と、この記事に書かれている WebDAV プロジェクトのオーナーである PM の Robert McMurray に聞いてみました。

    (以下、正確な訳ではありませんが、そんな感じでのやりとりってことで。。。)

    MasaoG 「Windows Server 2008 の IIS7 が WebDAV 機能を持っていないので、インストールできない MS 製品があって困ってるんだけれど、WebDAV ってどうなってたんだっけ?Keith の1年前の Blog に、いろいろ書いてあったけど、あれからどうなん?」

    Robert 「やぁ!MasaoG。僕らのチームはこの2・3週間以内に WebDAV の "a public-facing beta" をリリースしようとプランしているよ。(少なくとも、年末までにはね。) XXX のサポートはこの新しい WebDAV がリリースされる予定の XX月に合わせて。。。(自主規制 ^^;)」
    (スミマセン、XXX の部分は許可が出たら後ほど追記します。)

    MasaoG 「おおっ!Robert、とっても親切な情報ありがとう!とっても助かります。ちなみに XXX については、僕も XXX チームから同じ情報を今朝もらったところです。ところで、WebDAV の "a public-facing beta" って、いつどのようにユーザーに公開されるの?僕のお客様や WebDAV に興味ある人はみんなぜったいに興味があって、評価したいと思ってるので、アナウンスがあるならみんなに紹介したいんだけれど、教えてくれないかな?」

    Robert 「ハイ!MasaoG。僕のブログで公開する予定だよ :)」

    MasaoG 「はやっ。(笑)ありがとう!早速みんなに紹介しておくよ。」
    (もう日本時間のお昼過ぎてたのに、即効で返信が来たので。。。)

    と、いうことで、教えてもいいということだったので、ここの Blog に書かせていただきました。
    (のちほど、TechBeta フォーラムにも書いておきます。順番逆だ^^;)
    Robert McMurray の Blog を見て、私は彼にちょっと会ってみたくなりました。来年の出張の時に、訪ねてみよう。。。

    ちなみに、FTP 7 って書かれてるの見て、なんだかカッコイイと思ってついついインストールしてみたくなるのは僕だけ?Gopher が残ってたら Gopher7 かぁ。。。なんか、違うプロダクトみたいな名前だ。。。
    と、、、今は Gopher で和んでいる場合ではなかった。。。

     
    コメントする

    投稿者: : 2007-12-11 投稿先 Windows Server 2008

     

    HERO Photoshoot

    今日は Windows Server 2008 のラウンチイベントで使われる HERO PhotoBook の撮影のため、品川の ICE Space のスタジオに朝から来てます。
    あ、私が映るわけではないです。お客様です。

    スタジオは、白一色に包まれていて、いかにもスタジオ!って感じです。
    有名な写真家が来日していて、その方とインタビューを交えながら撮影が続きます。

    日本からどなたが PhotoShoot されたかは、今はまだ秘密です。Windows Server 2008 のラウンチイベントをお楽しみに!

     
    コメントする

    投稿者: : 2007-11-04 投稿先 Windows Server 2008