RSS

Microsoft Joins W3C SVG Working Group and W3C SVG Working Group Update for January 2010 日本語で

05 3月

3/15 から US で開催される Web 開発者向けのイベント MIX10 で、今年の初めに正式に W3C SVG WG に参加した Microsoft の Patrick Dengler と、その WG の Team Contact である  W3C Doug Schepers さんと SVG: The Past, Present and Future of Vector Graphics for the Web というセッションを持つことになっています。

しかしながら、(3/6 現在) まだ正式に次期 IE9 で SVG をサポートするのかどうか?というところについては明言していないのですが、この MIX10 のセッションがその場になる可能性は他の記事などで書かれているように高いです。(IEBlog でも後からフォローするだろうし。。。)

ということで、その Patrick Dengler が綴った SVG に関する IEBlog の記事を 2 つまとめて、日本語で。

————————–

Tuesday, January 05, 2010 2:10 PM

Microsoft Joins W3C SVG Working Group

Microsoft の相互運用性と標準技術のサポートに対するコミットメントの続きとして、昨日我々は World Wide Web Consortium (W3C)Scalable Vector Graphics (SVG) Working Group への参加のリクエストを出しました。利用者や開発者のニーズに合ういくつかの次のバージョンの SVG の仕様に携われることを楽しみにしています。

SVG WG のサイトの冒頭には、“the mission of the SVG Working Group is to continue the evolution of Scalable Vector Graphics as a format and a platform, and enhance the adoption and usability of SVG in combination with other technologies. (SVG WG のミッションは、 SVG を他の技術とのコンビネーションによる利用と採用を促し、プラットフォームとして SVG フォーマットを発展させることである)” とあります。我々は、ベクター グラフィックスを次世代 Web プラットフォームにおける重要なコンポーネントであることを認識しています。 Microsoft の 最近の W3C ワーキング グループへの参画の証として、我々は Web の将来の健全性を守る標準化プロセスに参加することをコミットすることを促されました。(面倒な言い方してるなぁ。) 我々の SVG ワーキンググループへの参加はそのコミットメントの一つとなります。

今日に至るまで、私は SVG ワーキング グループといくつかのやり取りを行い、彼らのユーザーや開発者に素晴らしい技術を創り上げようという明白な献身的な気持ちも同様に持ちました。個人的にも、この素晴らしい人々のいるチームの将来と直接関われることを楽しみにしています。

Patrick Dengler
Senior Program Manager
Internet Explorer Team

————————–

Monday, February 01, 2010 5:08 PM

W3C SVG Working Group Update for January 2010

この投稿で、SVG ワーキング グループにおける進捗のいくつかの例を紹介したいと思います。 Microsoft は先日 SVG ワーキング グループに参加し、そして、他のメンバー (Mozilla, Apple and Opera among others) から暖かく迎え入れられました。私は SVG (現在の方向性と潜在能力の両方) は web を良くしていく 方法の一つである事を期待しています。我々は、仕様をクリアで、矛盾がなく、開発者にとって予測できるものにしたいと思います。我々は “Pointer events and clip-paths” や “CSS Selectors <use> and as well as inconsistencies with stroked-dasharray” や “<use> and its interaction with the DOM and rendering” といった多様なことに対して議論をしているので、Web 開発者は SVG を1度書けばブラウザー間で相互運用性を持つことを知ることができます。

私は当初ガイダンスと多くの我々がつかんだあいまいな点 (こちらに SVG WG のディスカッション スレッドが公開されています。) において明確にすることについてちょっと躊躇していましたが、ポジティブな返信が圧倒的に多かったです。もちろん、我々はこれらの問題を解決するためだけのメンバーではありません、しかし我々はいくつかの進捗についてとてもうれしく思っています。 SVG の未来は明るいと。

追加で、Microsoft は 5月にブリュッセルで SVG ワーキング グループの Face-to-Face ミーティングをホストすることを楽しみにしています。

Web にとって相互運用性のあるグラフィックスを促進する標準技術ベースの仕様の作成のためにゴールを共有してくれたり、暖かく迎え入れてくれたワーキング グループのみんなに感謝したいと思います。

Patrick Dengler
Senior Program Manager
Internet Explorer Team

————————–

Monday, February 22, 2010 1:31 PM

MIX – Microsoft, W3C and SVG

SVG ワーキング グループ における我々の関与として、W3C チームの SVG ワーキンググループのコンタクト先である Doug Schepers と私は SVG: The Past, Present and Future of Vector Graphics for the Web というセッションを今年の3月にラスベガスで開催される MIX 2010 で行い、SVG が今どこに注目しているのか?ということを開発者に説明することになりました。 Microsoft においては、我々はずっと次世代の Web 開発に対してどうやって SVG を提供できるか?ということについて議論してきました。それは、HTML5に含まれる ことが、Web 開発者に対して彼らのサイトをより高め、多くの機会を約束するものであります。私たちは、SVG の概要と標準技術が Web 上のアプリケーションのボーダーレンジをサポートすることをどうやって発展させていくか?ということについて紹介します。

Patrick Dengler
Senior Program Manager

————————–

Patrick Dengler は、私が SVG IG Japan に参加してきた時から、ずっと日本における SVG サポートの重要性について説明してきた相手の一人だったのですが、当時はまだ IE8 のリリース前だったこともあり、次の IE9 で誰が何を担当するかはあまり決まっていなかった中では、比較的早期に SVG 担当となった PM でした。個人的には彼の上司である Ted や Rob が色々フォローしてくれてた感もありますが、、、IE7, 8 で苦渋の決断を目の当たりにした身としては、IE9 での実装をやるなら Pre-Beta 版の段階から評価に足りうるように仕上げて欲しいな~と。。。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2010-03-05 投稿先 Internet Explorer

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。