RSS

気になることの Update

16 12月

年末に向けて、いよいよ引っ越し準備が本格的になってきました。
といっても、引っ越し会社から朝一で段ボールが届いただけですが。。。(あと一週間で、仕上げねば。。。)

ずっと、Blog で Update したいなーと思っていたことが、たまっていたので、ここらで Memo 書きのように書きとめておきます。

Windows Service Pack ブロッカー ツールキット の公開
この WinSPブロッカー ツールキットは、Windows Server 2003 Service Pack 2、Windows Vista Service Pack 1、Windows XP Service Pack 3 の 3 つの SP が対象となるようです。ブロッカーツールキットの有効期間は、各 SP の出荷から 12か月。その間に利用者や IT 管理者は、Upgrade の計画を立てて実行するのですが、有効期間とかって設けなくてもいいような気が。。。

BitLocker と EFS を使ったデータ保護について – Data Encryption Toolkit for Mobile PCs
11月末に第二弾の情報が提供されています。このガイダンスでは、モバイル PC のデータを保護するための戦略の一環として Microsoft® BitLocker™ ドライブ暗号化 (BitLocker) と暗号化ファイル システム (EFS) を使用する場合の、計画および実装のプロセスについての情報を得ることができます。また SP1 における Update もどこかのタイミングで公開されるでしょう。

Windows XP SP3
すでに、一部の Technical Beta User や MSDN/TechNet Subscriber の方々は RC1 を入手していると思いますが、完成度の高さを目標にしているだけあって、スキがない。。。と思ったらあったので、フィードバックしておこう。。。
で、SP3 って結局どうなの?ということについては、日経さんの ITPro とか PC Watch でも QA が公開されているので、こちらこちらをどうぞ。

細かい点では、モジュールがいくつかバージョンアップされてるとかかな?

  • Windows Peer Name Resolution Protocol (PNRP ) 2.1
  • Background Intelligent Transfer Server (BITS) 2.5
  • Microsoft Management Console (MMC) 3.0
  • Windows Installer 3.1
  • Remote Desktop Connection (RDP) 6.0
  • Microsoft Core XML Services (MSXML) 6.0

Windows Server 2008 RC0 用のアプリケーション互換性関連のドキュメント
すでに RC1 が公開されましたが、利用価値は高いと思います。

互換性検証と対応のポイント 3.0 (日本オリジナル:ファイル直リンク)
日本の状況や日本のベータ フィードバック、日本固有の変更や問題などを考慮して日本で作成されている、検証作業と対応作業のガイドです。
新規追加分

  • DrWtsn32.exe の削除
  • IVdsVolume::GetProperties() の変更
  • サービス アプリケーション用のフォントのインストールと削除
  • サービス アプリケーションによる外字 (EUDC) の使用
  • Server Core インストールへの MS 明朝フォントの非搭載

補足分

  • ビルトイン Administrator アカウント (UIPIに関する情報を補足)
  • TS RemoteApp (RDP6.1に関する情報を補足)

互換性解説書 6.6 (翻訳) 直リンク
互換性に影響のある変更に関する情報をまとめたもので、全言語共通の内容を、広く浅くカバーしています。
「互換性検証と対応のポイント」の補足的な位置づけです。

薄型 BlueTooth マウス
OEM を担当してる K さんに見せてもらった、PC カードスロットに収まる、Bluetooth 対応のマウス
日本だと Amazon とかで買えるらしい。また、Express カードスロットしかないノートを持っている人向けに Express Card 用も。うーん、欲しいっ!

BluetoothMouse01 BluetoothMouse02

OneCare 2.0  リリース!
Beta Program も終わりリリースされたようですが、1.0 でファイアウォールが既定で IPv6 (ICMPv6) をブロックしている状態で、いくつか IPv6 関連で問題が出ていたりしていましたが、2.0 では修正されたようですね。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2007-12-16 投稿先 日記

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。