RSS

NTT Communications Forum 2007 @帝国ホテル

29 11月

こんにちは。
今日はいつもお世話になっている NTT Communications 様が主催している 「NTT Communications Forum 2007」 に来ています。

お目当ては、IPv6 関連で、今日開催されている Track 1 の 1~3 になります。

午前中に 2F の展示場を周って、NGNフィールドトライアル関連の企画のデモと説明を聞き、またマルチポリシー VPN や OCN でも提供されている地震速報の企業版?のようなもの (Panasonic が館内放送用のデモみたいなのを出してた) を聞いて、NGN に絡んだちょっとツっこんだ質問や疑問などをしてしまった。

お昼すぎからセミナーが始まり、今ちょうど 3つのセミナーのうち 2 つが終わったところです。

12:20 からは、IPv6 マルチキャスト・コンテンツ配信 について、NTT-C が IPv6 の Multicast 配信について、Unicast に劣る通信の信頼性の確保を、IBM と一緒に開発した独自プロトコルである RMTP や、FEC (Forward Error Correction) などを活用しながら、さらに実証実験に基づく具体的な活用方法などについて話されていました。

ここでやっぱり気になったのは、独自プロトコルの RMTP ですが、Vista からサポートされている MLDv2 はどうか?と聞いてみたら、やっぱり Vista の MLDv2 はまだ未対応部分があるということなので、Vista SP1 でいくつか修正されたことを伝え、また Vista SP1 でまだまだ問題だと思うところがあれば、フィードバックして欲しいとお願いしてきました。MLDv2 が使えるようになれば、使いたいとのことだったので。。。

14:40 からは、IPv4 の枯渇とこれからの対処方法について、予測される IPv4 アドレスが新規に配布できなくなる時期を、今の勢いでは 2010年、ゆるく見積もっても 2013年として、これまでの間の猶予を使って対策を練っていこうというものでした。移行において、どのような点に注意すべきか?(例えば Web Server のアクセスログなど) ということや NTT Communications がお客様と一緒にどのように取り組んでいきたいのか?ということがわかりやすかったです。

この記事を最初に書いた時は、ちょうどこの Track 1-2 が終わった時だったのですが、その後で仕上げましたので、 Track 1-3 についても付け足しておきます。

17:00 から始まったこの日最後のセミナー Track 1-3 では、IPv6 の新たなるステージへ!ということで、NTT Communications が考える IPv6 の活用法についてのセミナーでした。
ただし、この Track 1-3 は Track 1-1 と 1-2 ですでに話されていた内容でもあったので、ちょっと残念。
しかし、同じ展示会場でデモされていた、Multi Policy VPNの話や、緊急地震速報サービスなど、すでに実際に活用していたり、これらを利用したいときの体制が整っていることを強く言っていた。

全体を通して思ったのは、もっと単純に IPv6 がサポートされることで、どんなネットワーク作りを目指せばいいのか?とか、IPv4 が枯渇したらどうなるのか?ということをもっと強く訴求して欲しかったな~と思いました。

追加。
セッションの間の時間に、以前 NEC のショールームがあった日比谷シティに行ってみた。
スケート場があったところがフットサルコートに。

HibiyaCity

明日は MVP さんと JJ でリベンジ!だ。。。体調整えておかねば。。。!

広告
 
コメントする

投稿者: : 2007-11-29 投稿先 IPv6

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。