RSS

Libretto L5 に Windows Vista

04 8月

自腹で購入した 256MB の PC-133 Micro-DIMM メモリで 512MB メモリにし、英語キーボードへの換装も行い、これで、メモ取り&メール&簡単 Web 機として、復活してくれるはずの Libretto L5 に、無謀とは思いながらも Windows Vista をインストールしてみました。

XP SP2 を入れて使っていましたが、わかっていたことですが、いま一つキレがない。「意味がない」 と周りにも言われましたが、試しに Vista 入れてみよっということで、やってみました。

あっさりと、インストールはできたものの、デフォルトで認識しなかったデバイスが 3 つ。

  1. 東芝の IEEE 802.1b のワイヤレスアダプタ :
    • 秋葉原で 2500円ぐらいで売ってる Intel の a/b/g 対応の 29xx 系の Mini-PCI と交換したい。。。
  2. オーディオドライバ (ALi Audio Accelerator WDM Driver) がデフォルトで認識していない。
  3. グラボ ( ATI Mobility Radeon-M VRAM:8MB ) は標準 VGA としか認識されてない。

さて、どうしよう。
Web を調べる前に、まずは Windows Update かな?
Vista も RTM してもう 9 か月経ってるし、意外とデバイスメーカー側でドライバ出してるかも?と、淡い期待をもって、いざ実行!

おおっ。一番ダメだと思ってたワイヤレスアダプタのドライバが表示されてる。オーディオドライバも。。。
これは期待できそう。あとは、Mobility Radeon かぁ。。。あれ?ThinkPad X31 にベータ版をインストールしてた時は、ノーマル Mobility Radeon って表示されてたはずなんだけれど…

そのまえに、オーディオドライバがインストールされたと同時に、ソフトモデムも認識されて利用できるようになった。

やはり、グラフィックがうまく認識されないと、1280×600 の解像度で表示されず、800×600 のままだ。
思い切って、XP のドライバを適用してみる。。。

ドライバーの更新で、、、うまくいったみたい。しかし再起動後、”atiataxx.exe” の互換性エラーが表示された。
うーん、ここは、MSCONFIG でスタートアップでこの exe だけ OFF にすることで、なんとか切り抜けている。

こんな感じです。

Vista on Libretto L5

使用感としては、XP とさほど変わらない感じです。高速化するためのレジストリを一通り設定し終えて、使っていますが、やっぱりグラフィック周りが厳しいので、動作にもたつきを感じます。(例えば、フォルダのアイコン表示でも、反応が遅かったり。)でもその点も XP と変わらないので、起動の速さや OS としての信頼性や、メール・ネット・各種ツールや設定しやすさをメリットとするならば、L5 で Vista もアリかな?と思いました。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2007-08-04 投稿先 Libretto L5, Windows Vista

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。