RSS

ThinkPad R50p 英語キーボード換装

10 2月
R50p 用の英語キーボードを新品で購入しました。
やっぱり新品のパーツっていうのは、肌ざわりといい、クリック感といい、いいですねぇ~。
と、ニマニマしながら早速交換を始めました。
 
 
「あっ?」
 
 
という間に、終わりました。
  1. バッテリーを外して
  2. 本体裏のキーボードのマークのある3本のねじを外して
  3. ディスプレイを開いて、F5キーの上あたりをちょっと奥に押す
  4. キーボードの手前側がちょっと浮くので、ゆっくり上にあげる
  5. キーボードが外れたら、コネクタが一か所あるので、丁寧に外す
  6. 新しいキーボードを上の手順の逆で換装する
もともと ThinkPad のキーボードの取り換えは他のノートPCよりも楽だったのですが、今回は最高に楽。
ThinkPad 390X とか 600X とかコネクタの取り外し・取り付けにちょっとコツがいるようなものでなく、プラモデル作るより簡単だった。。。
あ、でも A31p の時も同じぐらい簡単だったかも。。。
 
次は、今搭載されている Pentium M 1.7Mhz (Banias) FSB400 L2-1MB を Pentium M 2.0 (Dothan : 755) FSB400 L2-2MB に換装したいと思います。
 
 
広告
 
コメントする

投稿者: : 2007-02-10 投稿先 ThinkPad

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。