RSS

SBSセットアップの続行5 ( DHCPサーバの検出 )

06 12月

ローカル側の NIC を選択すると、ローカル側で動作している DHCP サーバを検出します。

多くの場合、ローカル側の IP アドレスの割り当ては、固定で割り当てる以外は、ブロードバンドルーターや、無線アクセスポイント などが DHCP サーバとなっていることが多いと思います。
SBS に DHCP サーバの役割を持たせる場合は、この画面で「はい」を、いままでの環境を崩したくない場合は「いいえ」をクリックします。

ここでは、すでにあるブロードバンドルーターに DHCP サーバの役割を持たせたままにしますので、「いいえ」を選択してクリックします。

————————————
DHCPサーバの機能をどこに持たせるか、によって今後の設定で大きく関わってくるところは、RAS の設定のところだと思います。ですが、この時点ではまだ考えなくてもいいと思います。
後から環境に合わせて自由に設定を変更することが可能なので、安心して次の作業に移りましょう。
————————————

広告
 
コメントする

投稿者: : 2004-12-06 投稿先 SBS

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。