RSS

SBSセットアップの続行3 ( 内部ドメイン情報 )

06 12月

ここでは内部ドメイン情報を入力します。

SBS では、イントラネット (内部) 側では Active Directoryという ディレクトリサービスを使って、クライアント PC やプリンターなど内部の資源を管理します。 この Active Directory はドメインという概念を持って資源を管理することになります。

ここで設定する、内部ドメイン とは、この Active Directory で利用するためのローカルな (インターネット側へ公開しない) ドメインのことになります。なので、適当に名前をつけてもいいのですが、ここはお勧めにしたがって、インターネットで利用されていない .local というラベルを使って設定しましょう。
すでに、インターネットで公開する用にドメインを取得している人は、それにあやかった .local ドメインにすると、後から管理が楽かもしれません。

例)
すでに sbs2003.com というようなドメイン名を持っている場合、sbs2003.local にするとか。。。
hogehoge.co.jp -> hogehoge.local とか。

次のように設定していきます。

– 内部ドメインの完全な DNS 名 -> xxxx.local
– NetBIOS ドメイン名   -> xxxx ( .local を取った名前! )
– コンピュータ名   -> XXXXXX (好きな名前を。。。)

NetBIOS ドメイン名は、Windows 95/98/ME などの下位OSをクライアントとして使う場合に必要です。
コンピュータ名は好きなものをつけてください^^;

3つの項目の入力が終わったら、「次へ」をクリックします。

————————————-
SBS2003 の内部ドメインの規定の設定は、イントラネット( 内部ネットワーク ) を インターネット ( 外部ネットワーク ) から分離するように設計されています。
内部ドメインの完全な DNS 名にインターネット上で使われていない .local を使うことで構成が安定します。
SBS2003 を導入する環境にもよると思いますが、SBS 2003 を直接インターネットに接続せずに既存のドメイン環境のサブドメインとして構築する場合は、サブドメイン名を内部ドメイン名にしてもいいと思います。
————————————-

広告
 
コメントする

投稿者: : 2004-12-06 投稿先 SBS

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。