RSS

SBSセットアップの続行10 ( データフォルダの選択)

06 12月

次に各コンポーネントで利用するデータの格納先を設定します。

MSDE ・・・ デフォルトのままでいいと思います。
管理 ・・・ ローカルユーザが共有するファイル置き場です。
クライアントの展開 ・・・ Outlook などクライアントへ配布するアプリケーションイメージを置くところです。
FAX サービス ・・・ FAX サーバが送信したイメージファイルを格納する場所です。
Exchange ストア ・・・ Exchange サーバでユーザの受信メールや予定表など、Exchange のユーザデータの格納場所です。
Exchange トランザクションログ ・・・ Exchange サーバがデータベースを利用している際のテンポラリログファイルです。

私はノートPCでこの SBS を構築しているので、物理的に HDD を増設することが難しいので、ひとつの HDD のパーティションを2つに分けています。
ひとつをシステム用に、もうひとつのパーティションをデータ格納用にしています。欲を言えば、高速な HDD をデータ格納用に物理的にもう一台取り付けるほうがいいのですが、そこまで内部ユーザがいるわけではないので、このようにして進めます。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2004-12-06 投稿先 SBS

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。