RSS

最初のセットアップ後の補足

09 11月

第一段階までのセットアップが終わったところで、これ以降のセットアップは、リモートデスクトップ経由で行いたいので、その準備をしておきたいと思います。

まずは、LAN 側の NIC(ネットワークカード) の IP アドレスを固定で割り当てておきます。
ローカルのIP アドレスは、今回はプライベートアドレスの 192.168.1.0/24 を使います。
サーバーなので、わかりやすく 192.168.1.100 とでも割り当てておきましょう。当然サブネットマスクは、255.255.255.0 です。
デフォルトゲートウェイは、サーバは今はまだインターネットに接続する必要がないので、空欄のままにしておきます。これを設定してしまうと、勝手に Windows Update で余計なものを自動的にダウンロードしてくるので。。。

さて、ネットワークが確認できたら、リモートデスクトップを有効にします。
方法は簡単にしか説明しませんが、マイコンピュータを右クリックしてプロパティを選択し、システムのプロパティを表示させます。システムのプロパティからリモートタブをクリックして、"リモートデスクトップ"にチェックを入れてOKです。

リモートデスクトップで接続できるか確認したいと思いますが、セットアップ中は常にコンソールにログインしたいので、コマンドラインから、次のように入力します。

%SystemRoot%\System32\mstsc.exe /console

もしくは、"リモートデスクトップ接続" のアイコンを右クリックしてプロパティを表示させ、"ショートカット" タブの "リンク先" の記述に上記の "/console" を追加しておいてください。これで常にコンソールにログインできます。

リモートデスクトップ接続をクリックして、ローカルのIPアドレスを入力してログインできれば、以降の作業はリモートデスクトップ経由で設定できます。
ちなみにログインユーザ名は Administrator で パスワードはインストールのときに設定したものを使います。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2004-11-09 投稿先 SBS

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。