RSS

セットアップの開始①

09 11月

いよいよ(というか、思い立ってから時間がかかりすぎ・・・) SBS2003 の実際のセットアップに入っていきます。

大まかな流れとしては、1.Windows そのもののセットアップ ->2.SBS のセットアップ(AD, Exchange など) -> 3.各機能のセットアップ(ユーザ作成・インターネット接続設定など) という順になります。

DELL や HP などメーカーのプリインストールモデルを購入された方は、手順が変わりますが、そのフォローアップは後ほど行いたいと思います。まずは、通常のパッケージを使ってのセットアップを見ていきます。

1.Windows そのもの のセットアップ

(セットアップの開始)
今回は DVD ブートでセットアップしていますので、途中で CD-ROM の入れ替えが発生しません。
さて、ブートするとテキストベースで初期段階で必要なドライバーなどを読み込んだ後、"セットアップの開始" というウィンドウが表示されます。
ここは Enter で続行します。

(ライセンスに同意)
次に "Windows ライセンス契約" というウィンドウが表示され、PgDn キーで下までスクロールされます。
これに同意できないと、インストールは進みませんので、問題なければ "F8" キーを押します。

(キーボードの種類)
画面にキーボードの種類が表示されてきます。日本語キーボードを使っている方は、"半角/全角"キーを、US英語キーボードを使っている方は、"スペース"キーを、そのほかのキーボードの方は "S" キーをクリックします。

(パーティションの選択)
パーティションがあらかじめ決められていなくても、フォーマットされていなくても、このインストールウィザードの途中で設定することができます。今回私は、OSが入るシステム領域として10GB、メールや共有ファイルなどが入るデータ領域として10GBの2つにパーティションを切りました。この後、OS が入るドライブと起動に必要なドライブがフォーマットされますが、今回は最初のパーティションにインストールするので、起動に必要なドライブとシステム領域が同じになりますので、最初のドライブつまり C ドライブのみフォーマットされてインストールが始まります。
つまり、 次のような構成でインストールが完了いたします。

Cドライブ -> OS インストール用
Dドライブ -> CD/DVD ドライブ
Eドライブ -> 空きドライブ(未フォーマット)

つづく。。。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2004-11-09 投稿先 SBS

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。