RSS

SelectaDock の修理完了!

05 11月

3日に SelectaDock の修理が完了したとの連絡を受け、今週末に配送してもらうことになりました!

ThinkPad 600X のメモリも 64+256+256 で 576MB となり、十分 SBS2003 を動作させることができるので、インストールが待ち遠しいです。。。
さて、週末のインストールに向けて、もう一度ハードウェア構成を確認しておくと、

マシン本体 : IBM ThinkPad 600X (PenIII 850Mhz + 576MBメモリ +流体軸受けの20GB HDD + DVDドライブ)
オプション : SelectaDock III(ThinkPadと合体させて、デスクトップ並みの拡張性を持たせるもの)
バックアップ装置 : HP の DDS3 テープドライブ (今時テープドライブというのも・・・^^;)
NIC : 3Com のと Intel の PCI の NIC を SelectaDocK に装着。

うーん、ちょっとゴテゴテしてしまっているので、できればジャンクで2万円台で入手した ThinkPad A30 を採用したいのですが、今週末はとりあえず ThinkPad600X でいきましょう。

ちなみに TP A30 にしたい理由は、①NICが内蔵されている、②拡張ドライブが2つあるので、最大 HDD を3台取り付けられる、③メモリが最大1GBまで拡張できる、です。

明日は、事前準備としてインストール後に適用する必要があるパッチをまとめたいと思います。
ネットワークにつなげる前に、今公開されているものは適用したいので、Windows Update のカタログ機能を使います!

広告
 
コメントする

投稿者: : 2004-11-05 投稿先 SBS

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。